誰もが知っているような消費者金融を選ぶようにすれば、申し込みをする段階で「在籍確認は書類を代用してほしい」と言うと、電話連絡による在籍確認をすることなくお金を借りることができるケースもあるのだそうです。総量規制の対象となるのは、個人的にお金を借り入れる場合に限ります。ですので、個人が業務用資金として融資してもらう場合は、総量規制に捉われる必要がありません。消費者金融の申し込みで、収入証明書として取り扱われる事が多いのが給与明細書です。何らかの理由があってこれを提示できないのであれば、収入証明書の提示が求められない銀行カードローンを利用した方が良いと思います。昨今のキャッシングサービスは迅速で、即日融資が可能となっています。