大震災が生じた時に死傷した方の理由のうちひときわ多いものが、火や家具による圧迫死と言われています。適当に設置してある家財類が倒れたり落ちたりして大怪我をしたり亡くなったりする被害を防ぐには、どの様にすればよいかを調べましょう。被災した後の天気に関しては、未知数です。降雨のために全身がビショビショになって、身体の調子を悪くしてしまうと心配です。周囲の気温の低下のために体力を喪失する場合だってありえます。ウォータープルーフの物を用意したり冷気から身を守れる衣類を選び、用意しておくのがおすすめです。おうちと仕事場などにある家具類について今一度点検して、倒れ込みを予防する為のアイテムを据えつける事や専門業者に工事をお願いする事、或いは家屋自体を手がける耐震工事などを事前防災という風に呼びます。早めに確認しておくと良いでしょう。