「即日融資できます」と記されていたとしても、それを実現する為に満たさなければいけない条件は、キャッシング会社によってばらつきがあります。この点について、それぞれ洗い浚い説明します。カードローンの金利を比較したいなら、利率の幅を示す「上限金利」と「下限金利」に分けてから別々に行なうことが大事です。なぜかと言えば、金利は「借金の額によって異なる」のが通例だからです。消費者金融で、収入証明書として代用される事が多いのが、収入をチェックできる給与支払明細書です。もしこれが出せないという方は、収入証明書の提示が無用の銀行カードローンを推奨します。銀行が展開しているカードローンは、総じて300万円以内の借入に関しては収入証明書は不必要ということになっています。消費者金融と比較してみても、その部分では手間要らずだと言えるでしょう。