有名な消費者金融であれば、申込を入れる際に「在籍確認は書類を代用していただきたい」と申し出ると、電話連絡による在籍確認無しでお金を借りることが可能になるケースもあるそうです。結婚している人の方が、家族を養育しているという点が重視されて信用力の評価向上につながるといった傾向にありますが、そうしたカードローンの審査の内容を多少なりとも押さえておくと、役立つこと請け合いです。カードローンの借り換えにおいては、借入利率がどのくらい下げられているかも重要なポイントですが、それ以前にそれなりのお金を準備してもらうことが可能かどうかがキーポイントになります。消費者金融におきましては、所定以上の貸付を希望するときは収入証明書が必須となります。「収入証明書が原因となって親しい人に悟られるのではないか?」などとやきもきする方もいます。カードローンの借り換えを行なう際に要になるのが、「どのローン会社を選ぶか?」ということです。審査水準は高いものの、基本的に銀行のカードローンサービスの方が、消費者金融に比べ低金利になっていると考えて間違いありません。カードローンの審査で確認されるのは職歴とか収入ですが、今までの借入が問題とされることもあるとされています。過去にお金を借りていたことは、全国銀行協会やCICなどでチェックすることができるので、騙そうとしても無駄だと言えます。